塗装について|秩父市の外壁・屋根リフォームは㈲上林塗装

CLOSE

painting

About painting 塗装について

「きれいな外観を取り戻すために、塗ったら終わり」と思われがちな外壁・屋根塗装ですが、
お客様のお住まいの状態によって、その目的や方法もさまざまです。

上林塗装は、外壁・屋根塗装工事は、塗装直後はもちろん
10年先でも安心できる塗装の提供をモットーにしています。
そのため塗料・職人・工程それぞれにこだわり、厳選した塗料と高い職人技術による塗装工事をご提供。

ただ美しいだけではない、安心と納得の外壁・屋根塗装は上林塗装にお任せください。

塗装について

塗装の必要性

汗や水分で流れてしまう日焼け止めクリームは、何度か塗り直しが必要なことはご存知ですよね。
外壁・屋根塗装も同じ役割を担っています。
塗料の膜が劣化すると風や雨、紫外線を直接受けるため、壁や屋根の腐敗や劣化の原因となります。
その前に外壁・屋根塗装の塗り替えることがとても重要です。

外壁塗装・屋根塗装はともに8〜10年を目安に塗り替えをご検討ください。
定期的なメンテナンスにより大事なお住まいの寿命も伸ばす有効的な手段です。

Exterior wall
painting
外壁塗装

夏の強い日差し、時には自然災害を受け、月日の経過とともに劣化する外壁。
目に見える破損や亀裂がなければ、後回しになりがちですが、お住まいの補修・補強という点でも「外壁塗装」は大きな意味を持っています。

建物の劣化が進行すると下地処理や修繕・交換に費用がかかり、かえって大きな負担になってしまうのは案外知られていません。
安心・安全なお住まいを長く維持するために定期的な点検をおすすめします。

なお、立地や環境により異なるものの10年が外壁塗装の塗り替え目安となります。

塗り替えの目安となる症状

  • 表面が粉っぽくなる(チョーキング現象)
  • 苔・カビ
  • クラック現象
  • 目地の劣化
  • サビ

外壁塗装の流れ

仮設足場

足場とともに塗料の飛散防止養生シートも設置。
敷地内に駐車している車両がある場合は、念のため敷地外への移動をお願いします。

高圧水洗

外壁に付着しているほこりやカビ、チョーキングの粉を高圧洗浄機できれいにします。
水の勢いにより窓の鍵が開くこともあるため、事前確認は怠りません。

下地処理・補修

塗装部分の凸凹や亀裂欠損の削りとり、パテ埋めをします。
仕上がりの美しさはもちろん、塗料のもちの良さにも大きな違いが生まれるため、大事な工程です。

養生

窓や土間などの塗装しない部分や塗料が付着すると困る箇所をビニールなどで保護する作業。
この作業後はしばらく窓の開閉ができなくなりますが、開閉をご希望の場合はお申し付けください。

外壁塗装

「下塗り」「中塗り」「上塗り」と3回の塗装工程があります。
(下地の劣化が激しい場合は、下塗りを2回実施することもあります。)
有資格者の職人が外壁にあわせて、最適な塗料を選択。
上塗りの色彩決定は、下塗り開始時点で試験塗りを実施します。
実際の色味を現場でご覧いただけるため、色選びの失敗はほとんどありません。

ライン出し

窓のサッシ周りを中心に、マスキングテープを使ってラインのにじみとゆがみを修正。
まっすぐなラインが美しい塗装にするために、最後まで調整します。

Roof painting 屋根塗装

太陽の日差しや雨・雪、寒暖差など日々厳しい環境にさらされている屋根。
定期的なメンテナンスにより、内部までの深刻な劣化を防ぐだけでなく、断熱塗料による電力削減の効果も期待できます。

屋根診断には最新のドローンを使用。
搭載されたカメラから送られる映像をお客様と一緒に細かく確認できるため、工事内容にも十分ご納得いただけるはずです。

なお、8年~10年に一度は屋根点検をおすすめしています。

塗り替えの目安となる症状

  • 色あせ
  • コケ
  • カビ
  • ひび割れ
  • 塗膜の剥がれ
  • サビ

屋根塗装の流れ

仮設足場

足場とともに塗料の飛散防止養生シートも設置。
敷地内に駐車している車両がある場合は、念のため敷地外への移動をお願いします。

高圧水洗

ほこりやカビ、古い塗膜など、長い期間を経て付着した屋根の汚れを高圧洗浄。水の勢いにより窓の鍵が開くこともあるため、事前確認は怠りません。

屋根塗装(下塗り)

家の屋根は一年中、外的環境にさらされているため経年によりダメージを蓄積しています。そのため建物の中でもっとも傷みやすい箇所といっても過言ではありません。上林塗装では2回の下塗りにより、しっかりと下地を作って密着性を高めています。
お客様のご要望やご予算、建物の劣化状況により、3回塗りをおすすめする場合もございます。

下地処理・補修

一部の屋根材には内部に雨が入り込む性質があるため、水が溜まらないようにあらかじめ水の出口を作る「縁切り作業」もこのタイミングで行います。

屋根塗装(中塗り、上塗り)

塗装工程は2回の下塗りをはじめ、中塗り・上塗りと重ねる4回の塗装工程を採用しました。夏の激しい日差しや梅雨時の豪雨から建物を守る役割がある屋根だからこそ、安全・安心、快適を追求し、心を込めて塗装します。

other その他のページ

Contactお気軽にお問い合わせください!

秩父市や、近隣の市町村で、外壁塗装や屋根塗装のリフォ-ム、
雨漏りにお困りの方は、
お気軽に上林塗装までお問い合わせください。